プラズマローゲン【医師監修】

プラズマローゲンとは、人間の体内で生成されるリン脂質の一種で、グリセロリン脂質の1つです。脳の活動に必要な栄養素のため、不足すると記憶力や判断力が低下する原因にもなります。加齢とともにプラズマローゲンが減少していくことが分かっています。

プラズマローゲン【医師監修】

プラズマローゲンとは、人間の体内で生成されるリン脂質の一種で、グリセロリン脂質の1つです。脳の活動に必要な栄養素のため、不足すると記憶力や判断力が低下する原因にもなります。加齢とともにプラズマローゲンが減少していくことが分かっています。

プラズマローゲンとは?

 
人間の体内で生成されるリン脂質の一種で、グリセロリン脂質の1つがプラズマローゲンです。
リン脂質は人の脳に含まれる脂質の約半分を占め日常生活を送るために重要な役割を担っていると考えられており、必要不可欠な成分で、プラズマローゲンは、脂質のうちの約20%を占めています。
脳の活動に必要な栄養素のため、不足すると記憶力や判断力が低下する原因にもなると言われています。

 

プラズマローゲンは減少する?

 
高齢者の血清中プラズマローゲン濃度は、健常な若年成人と比べて約40%も低いという報告があり、加齢とともにプラズマローゲンが減少していくことが分かっています。
プラズマローゲンが減少すると抗酸化作用が発揮されにくくなり、体内には酸化ストレスによって生じた酸化物質が蓄積してくるため、さまざまな病気を引き起こす原因となります。


出典:Maeba R, et al., “Plasmalogens in human serum positively correlate with high-density lipoprotein and decrease with aging”, J Atheroscier Thromb., 14(1), pp.12-18(2007)

 

アルツハイマー患者のプラズマローゲンは減少してる?

 
アルツハイマー患者の脳では、健常者の脳に比べプラズマローゲンの量が少なくなっていることが報告されています。
プラズマローゲンは脳の認知機能を維持するために重要な役割を果たしていると考えられます。

出典:1)Ginsberg L, et al., “Disease and anatomic specificity of ethanolamine plasmalogen deficiency in Alzheimer’s disease brain.”,  Brain Res., 698(1-2), 223-226 (1995).
2)Guan Z, et al., “Decrease and structural modifications of phosphatidylethanolamine plasmalogen in the brain with Alzheimer disease.”, J Neuropathol Exp Neurol., 58(7), 740-747 (1999).

 

プラズマローゲンは何に多く含まれる?

 
プラズマローゲンは、ホヤ、鶏もも、牛もも、ホタテなどに多く含まれています。

出典:Yamashita S, et al., “Analysis of plasmalogen species in foodstuffs.”, Lipids, 51(2), 199-210 (2016).

 

プラズマローゲンサプリの選び方は?

■プラズマローゲンの由来を確認しましょう

ホタテ由来、鶏由来、ホヤ由来のプラズマローゲンのサプリメントが販売されています。
100gあたりの含有量の違いによって原料の価格差がでます。
含有量が多いのは、ホヤ、鶏、ホタテの順番になります。
ホヤ由来のプラズマローゲンの100gあたりDHA・EPAの含有量が多いという報告もあります。

出典:Yamashita S, et al., “Analysis of plasmalogen species in foodstuffs.”, Lipids, 51(2), 199-210 (2016).

■含有量を確認しましょう

プラズマローゲンは、1日あたり1,000μg(1㎎)摂取すると効果が出たという報告があります。
含有量を確認し1,000μg(1㎎)/日のサプリメントを選ぶことをお勧めします。

出典:kotoura,S.et al.,Japan Pharmacology&Therpeutics,45(9),1511-1521(2017)

■プラズマローゲンと同じような効果が期待できる成分

・DHA・EPA
青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸

・イチョウ葉エキス
民間療法が活発に行われていたヨーロッパにおいて、安全かつ効果的な医薬品として使われていました。

飲むタイミングは?

医薬品ではないので飲むタイミングにきまりはありません。
夜寝る前か朝の吸収が良い空腹時に飲むのをお勧めいたします。

飲み方は?

サプリメントを飲む場合は、コップ1杯の水またはぬるま湯と一緒に飲むのをお勧めいたします。

どれぐらいの期間飲めばいいの?

医薬品ではありませんので飲んですぐ何かが変わるというものではありません。
やはり最低でも3ヶ月間は継続してほしいです。
また長く飲んでいるうちに効果があまり感じられなくなる場合もありますが飲むのをやめてしばらくして効果があったことをあらためて感じたという話をよく聞きます。
何事も継続することが大切です。

小川惇郎医師
記事監修
小川惇郎医師
白金台おがわクリニック院長

資格および所属学会
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
日本抗加齢医学会抗加齢医学専門医

▼白金台おがわクリニック
https://shirokanedai-ogawaclinic.com/

北里大学医学部卒業後、専門的な知識や経験を生かし、糖尿病はもちろん高血圧症や脂質異常症(高脂血症)などの様々な生活習慣病の診療を通して皆さまのお力になれるように診療を行っています。