―本日は、よろしくお願いいたします。

(M)お願いいたします。

―ではさっそく、キレイ・デ・ボーテ フレッシュソープを使った感想をいただけますか?

(M)私は泡洗顔がとても好きで、ポンプから直接泡が出るものを使っているんですが、泡の密度が全然違うなと思いました。いつもの泡は軽いというか、すぐつぶれちゃうんですが、キレイ・デ・ボーテ フレッシュソープで作った泡は密度がすごくて跳ね返ってくるぐらいの弾力に感動しました。

―ありがとうございます。しっかりした濃密な泡は肌に負担なく洗うことができるんです。

(M)洗っているときに泡が肌から浮いていない感じで、洗い流したあともつっぱらなかったです。

―そうなんです。急いで保湿しなくても大丈夫なんですよ。

(M)正直、市販の商品で違いを感じることって今まであんまりなかったんですが、これだけ違いを感じるとキレイ・デ・ボーテ フレッシュソープを「使い続けたい」と思いますね。

―ありがとうございます。「生石鹸」という表現はどんなイメージを持たれましたか?

(M)石鹸なので固形なのかなと思ってました。

―石鹸=固形というイメージがあるので、柔らかい石鹸=「生」という表現を使っているんですよ。洗顔フォームとは違って合成界面活性剤などが入っていないためとても肌にやさしく、濃密な泡で汚れ落ちもいいんです。

(M)個人的には無香料なのがすごくうれしいです。直接肌に触れるものだから無添加がうれしい。

―ありがとうございます。肌にやさしいものを作り続けます。話は変わりますが、健康で気をつけていることはありますか?

(M)バランスよく食事して運動。痩せすぎず、太りすぎないを心がけています。あとは筋トレをするようにしています。

―サプリメントは飲まれていますか?

(M)普段はあまり飲まないのですが、キレプラを試しに飲んでみたらいつもより疲れが取れやすくなってびっくりしました。今は、バランスが崩れていると思った時に飲むようにしています。

―継続して飲むと効果も持続しますから、これからも続けていただければうれしいです。ところで横浜のお気に入りポイントがあれば教えていただけますか?

(M)新横浜公園がとても好きですね。バスケットゴールが並んでいるところがあって、散歩しているとボールをつく音が聞こえてきたりするんですよ。

―バスケがすごく好きなんですね。チアリーディングはどれぐらいされているんですか?

(M)チア歴はとても長くて、子供のころからチアを 習っていたんです。中学・高校は別の部活をしていたんですが短大は子供のころにチアでお世話になっていた先生のところに入学したんですよ。ほんとに偶然なんですけど、その方がチアのコーチをされていたのでオーディションを受けて、活動させていただいていました。そしてビーコルのチアが結成された時に、地元のチームに興味があったのでオーディションを受けて。もう4シーズン目ですね。

―ほんとに長いですね。

(M)そうなんです。ビーコルは新しいことにチャレンジするチームなので、成長できたり、チームワークを高めあったり、環境にもメンバーにもめぐまれているので引き続き、完成度をあげていくことを目標にしています。

―今シーズンが終わりましたが、振り返ってみていかがですか?

(M)Bリーグ初年度ということで、本当にたくさん新しいことを経験させていただいて、すごく充実したシーズンでした。今回はどのチームよりもシーズンが長く、いつもよりプラス5試合、約一ヶ月多かったんです。そのぶんコミュニケーションが取れてチームワークが深まったなと思います。

―肉体的、精神的にも疲れた部分があったんじゃないですか?

(M)疲れはそんなに感じなかったですね。気持ちが、前へ!前へ!次へ次へ!と向いていたからかも。

―最後まで気持ちが切れなかった。だからこそ勝てた。

(M)そうですね!そう信じてます。

―来シーズンもまたがんばってください。応援しています。今回はありがとうございました。

(M)がんばります!ありがとうございました。

 

 

 

Momokoさん愛用の「キレイ・デ・ボーテ フレッシュソープ」はコチラからお求めいただけます!