今月の書 赤富士
  • share
  • tweet
  • LINE

赤富士

赤富士は、晩夏から初秋にかけての明け方、雲や霧と、朝陽の関係から、赤く染まって見える現象をいいます。めったに見ることができない為、赤富士を鑑賞した人には、災厄から免れたり、願い事が叶うといわれています。また、特別に縁起の良いものとされてきました。

 

赤→大+火を組み合わせた会意文字です。「手足を広げて立つ人」と「燃え立つ炎」の象形から、火の光を浴びる人を表し、そこから「あかい」を意味する「赤」という漢字が成り立ちました。
富→会意兼形声文字です。「屋根」と「神に供える酒だるのふっくらした」象形から、家に物が豊かにそなわる、すなわち、「豊か」を意味する「富」という漢字が成り立ちました。
士→象形文字。「斧」の象形から、「斧(まさかり)を持つような男子・武士・戦士」を意味する「士」という漢字が成り立ちました。