温故知新
  • share
  • tweet
  • LINE

【読み】おんこちしん
【意味】歴史や昔学んだことなどをより探求して、新たな知識や見方を得ることを意味する語。

※「論語」為政から》過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。

【補説】「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する。「温」を「あたためて」と読む説もある。なお、「温古知新」と書くのは誤り。

【用例】
・温故知新の精神で歴史を学ぶ
・温故知新を心掛け、成功へ導く。

【類義語】
覧古考新(らんここうしん)
承前啓後(しょうぜんけいご)
継往開来(けいおうかいらい)