【美容コラム|Vol.117】年齢に負けない!女性の抜け毛に効果的なシャンプー法
  • share
  • tweet
  • LINE

一般的に「抜け毛」や「薄毛」と聞くと、男性に多く見られる症状だと感じがちですが、女性でも悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
女性の抜け毛には、男性の抜け毛とは大きく異なる原因があります。
その原因は「女性ホルモンの減少」です。今回は、女性の抜け毛の原因である女性ホルモンの役割や、抜け毛との関係を詳しくご紹介します。
また、少しでも抜け毛を減らしたい方必見!
抜け毛対策に効果的な、育毛環境を整えるシャンプー方法を伝授します。

 

女性ホルモンと抜け毛の関係

女性ホルモンの役割

女性ホルモンとは、女性が妊娠、出産できるカラダをつくるために必要なエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれている2つのホルモンの総称です。
初潮に始まり、妊娠、出産、閉経に至るまで、その分泌量は成長や年齢とともに変化しますが、女性のカラダは、この2種類のホルモンがバランスよくコントロールされることで成り立っています。
プロゲステロンは、主に妊娠に直接関わってくるホルモンで、エストロゲンは、女性らしいカラダ作りを助けるホルモンです。このエストロゲンの分泌が、正常なヘアサイクルを維持しています。
つまり、美しくうるおいのある髪を育てるための、重要な役割を持っているのです。

 

女性ホルモンと抜け毛の関係

女性ホルモンは、ストレスや生活習慣、過度なダイエット、妊娠や出産、環境ホルモンからも影響を受けます。
抜け毛に関するさまざまな原因がある中でも、避けて通ることができないのが加齢による減少です。
エストロゲンの分泌量は8~9歳頃から始まり、20代後半にピークを迎えます。
30代前半から徐々に減少し始め、急激に減少する40代には健康な髪が育ちにくくなり、抜け毛が増えてしまうのです。

 

抜け毛を改善するシャンプー方法とは?

女性の抜け毛を改善するために、ホルモンバランスを整えたり、カラダの中から改善したりする方法もありますが、加齢による女性ホルモンの減少はどうしても逆らえません。
そこで、育毛しやすい環境を作り、髪や頭皮に直接アプローチする効果的なシャンプー方法をご紹介します。
毎日のシャンプー方法を変えるだけで、少しでも髪に良い環境を作ってあげることができるのです。

 

ポイント1 洗髪前にブラッシング

入浴前にしっかりとブラッシングをします。
髪についた汚れを落とし、頭皮に刺激を与え血行を良くすることで、栄養が届きやすくなります。

ポイント2 お湯を使って予洗い

お湯で予洗いをします。
この時、爪で頭皮を傷つけないように優しくマッサージしながら2分くらい洗います。
予洗いをすることで、ブラッシングで落ちなかった汚れを落とし、毛穴を開かせることができます。

ポイント3 シャンプーは手やネットで泡立ててから

シャンプーを使う時は、必ず手やネットなどで泡立ててから使ってください。
直接シャンプーをつけて洗うと、シャンプーの原液が毛穴に詰まり、十分に流しきれなくなるため頭皮に良くありません。
また、髪の毛をこすって泡立てることで、髪の毛が摩擦で傷んでしまいます。

ポイント4 やさしく洗う

指の腹を使い、爪を立てずに頭皮を優しく洗っていきます。
ブラッシングと予洗いで、ほとんどの汚れは落ちているため、ゴシゴシと力を入れて洗う必要はありません。
優しくマッサージするように洗うことで、頭皮のうるおいに必要な皮脂を残しながら、汚れだけを落とすことができます。

ポイント5 しっかりとすすぐ

シャンプーで洗い終えたら、お湯ですすぎます。
ここですすぎ残しがあると、シャンプーの残りが毛穴に詰まり、逆に汚れを残す原因となってしまいます。
雑菌が繁殖するなど頭皮トラブルの原因となりますので、2〜3分ほどかけて、しっかりと念入りにすすいでください。

ポイント6 リンス・トリートメントは毛先だけ

リンスやトリートメントは髪を整えるために使います。
頭皮へつけてしまうと毛穴がふさがれてしまい、頭皮環境が悪化してしまう原因になってしまうので注意が必要です。
つける量も、多すぎると十分に流しきれず、頭皮が荒れてしまうこともあります。適量を使いましょう。

6つのポイントをおさえるだけで、今日からすぐに実践できる方法です。
育毛環境を整えて、いくつになっても女性らしいヘアスタイルを楽しみましょう!