【美容コラム|Vol.111】敏感肌や乾燥肌でも、今日から始めるエイジングケアの基本
  • share
  • tweet
  • LINE

30歳を過ぎた頃から、「お肌の曲がり角」という言葉を耳にすることが増えた方も多いのではないでしょうか。
鏡に映る自分のお肌をまじまじと見て「そろそろエイジングケアを始めてみようかな」なんて考え始める女性も少なくないと思います。
具体的にエイジングケアって何をすれば良いのかわからない、エイジングケアっていつから始めればよいの?肌トラブルの多い私でもできるの?
今回は、エイジングケアの基本についてご紹介します。

エイジングケアとは?アンチエイジングとの違い

年齢に合わせたお肌のケアをすることを「エイジングケア」といいます。
お肌のハリや水分を保持する成分のほとんどが、20代をピークに年々減少していくようになり、その影響を衰えとして実感するのが「お肌の曲がり角」です。
そのため、お肌の曲がり角は20代だけでなく30代、40代と一生のうちに何度もあります。
エイジングケアのスタート時期としては、お肌の変化を感じたときに合わせて、適切な対策をしていくことが好ましいでしょう。
また、「アンチエイジング」という言葉がありますが、「エイジングケア」との違いは、国が定めた法律である「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」にあります。アンチエイジングは、「老化を防止し、年齢に抗(あらが)う」という言葉の意味がありますので、アンチエイジング商品は、医薬品と医薬部外品のみでの扱いとなります。一方で「エイジングケア」という言葉は、和製英語で「年齢に合わせたお肌のお手入れ」を意味します。
つまり「エイジングケア」と「アンチエイジング」は、似たような言葉に思われますが、医薬部外品と化粧品との違いがありますので、購入する際には裏側の商品説明をよく確認するのが良いでしょう。

 

エイジングケアを行う注意点は?

肌トラブルが起こりやすい乾燥肌や敏感肌の方が、エイジングケアを行う場合の注意点としては、まず自分に合わない成分を把握しておくことが大切です。
新しい化粧品を使用する場合は必ず、二の腕や太ももの内側など、皮膚の柔らかい部分でパッチテストを行い、トラブルが起きないかを確認しておきましょう。
そもそも乾燥肌とは、水分・油分の極端な不足により、お肌の乾燥が進んでいる状態を指します。
敏感肌は、医学的には明確な定義がない言葉ではありますが、お肌の乾燥により角層が乱れているために「外部からの刺激を感じやすくなっている状態のこと」といわれています。
どちらにせよ、保湿をしっかり行い、お肌を乾燥させないことが鉄則です。
また、日頃の食生活やストレス、睡眠などの生活習慣の影響も大きいともいわれていますので、生活スタイルを見直すことも有効かもしれません。

 

エイジングケアに迷ったら「オールインワンジェル」がおすすめ

近年、各メーカーからも多く発売されている「オールインワンジェル」は、時短できるという万人にうれしい大きなメリットもさることながら、エイジングケアや肌トラブルの多い方にもおすすめの商品です。
年齢層や各肌トラブルについて明記されているので、商品も選びやすくなっています。スキンケアで肌に触れる時間が短くなることで摩擦も減り、デリケートなお肌でも安心してチャレンジできますよ。いろいろな商品を混ぜて使用し、トラブルの元となる美容成分への接触リスクが軽減されるメリットもうれしいですよね。

一生お付き合いをしなくてはならない自分のお肌。
できる限り、若く、美しくトラブルのないよう守って過ごしていきたいですね。
重要なのは、自分のお肌の状態を知ることと、乾燥させないこと。
お肌の状態が悪くなってしまってからよりも、予防からスタートするほうが簡単です。
そろそろ始めようかなと思ったときが、エイジングケアをスタートするいいチャンスなのかもしれません。
ぜひ一度、自分のお肌と向き合う時間を作るところから一歩進めてみましょう。