【美容コラム|Vol.3】冷え対策は足湯や食生活改善を! それが美肌の一歩!?
  • share
  • tweet
  • LINE

身体が冷えている状態は未病と呼ばれ、日常的な不調やさまざまな疾患につながってしまいます。
寒いこの季節には、特に身体は芯から冷え切ってしまうことも。
「現代人は血流が悪く、低体温の人が多くなってきている」と言われています。
特に女性にとって冷えは大敵です。
冷えをとりのぞき未病を防ぐには、身体を温めて代謝をあげる生活習慣を取り入れることが大切です。

 

足湯で温め、美肌効果を!shutterstock_158800181

足は第二の心臓と言われるほど、足を刺激することで全身の血流を促すためのポンプ役となっていることはよく知られています。
そのため足湯で足を温めることで、お部屋にいながら簡単に血行を良くし、新陳代謝と内臓機能をあげる作用があります。
というのも内臓の血行が良くなると、老廃物の排出にもつながります。
さらに代謝をアップさせると免疫力が高まります。
それにより身体の不調が解消すると、お肌の調子も整うようになります。

 

玄米正食やデトックス生活で冷え対策!shutterstock_71616415

玄米正食とは、精製した白米や小麦粉を食べずに完全栄養食と言われる玄米を食べ、肉や乳製品を避けた野菜を中心とした食生活を送ることです。
人間には肉や乳製品は必要ですが、集中的に冷え対策のための体質改善を図る場合、半年~1年は玄米正食を行うことが効果的です。
これにより、デトックスを促すことが出来ます。
白い米や白い砂糖、これらはともて美味しいですがデトックス生活には禁物です。
白米に代わって、ビタミンB群が豊富な玄米、全粒粉、さとうきびでなくてビーツを原料とした甜菜糖(てんさいとう)を使い、昔から日本人が食べてきた粗食に戻すのです。
現代では、玄米生食はマクロビオティックと言われます。
マクロビオティックの食材も手に入りやすく、レストランやカフェもたくさん見つけられますので、おしゃれなライフスタイルとして、レシピなども参考になります。

 

ファスティング・腸内洗浄で体質改善をshutterstock_231751807

ファスティングは半年に1度、3日~5日間行うことが効果的です。玄米正食を続けていると、酵素ドリンクを摂りながらのファスティングは、想像するよりもずっと楽に感じられることでしょう。
そして腸内洗浄も効果的です。
あまり身近ではないかもしれませんが、これは鍼灸院などで指導してくれるところもありますし、キットも販売されているのでぜひ試してみて下さい。
腸内洗浄は長年にわたって蓄積された宿便を洗い流し、腸内で働く菌を増やしていくものです。

 

足湯や食生活改善、さらにファスティングなどで冷え対策をし、いきいきとした肌をとり戻していきましょう!