【美容コラム|Vol.105】30代からの女性のお肌とカラダの悩みに! スキンケアとサプリメントのポイント
  • share
  • tweet
  • LINE

20代までには悩みのなかった肌荒れや、疲れやすさ。
このようなお肌やカラダの不調に関する悩みを抱える30代~50代の女性は多くいらっしゃいます。
「若い頃のニキビとは違うプツプツが口の周りにできやすい」
「なんとなくお肌がゴワつく」
「寝ているのに疲れやすい」
「なんとなく元気がない」
このような悩みを少しでも解消するスキンケアとサプリメントのポイントを紹介します。

 

スキンケアのポイント

皮脂分泌が多く、新陳代謝も活発だった20代までと同じケアをしていませんか?
年齢と共に皮脂分泌も新陳代謝も下がってきてしまいますし、ホルモンバランスの影響でお肌の不調も出やすくなってくる年代です。
自分自身のお肌と向き合い、スキンケアを見直していきましょう。

 

ポイント1 週に一度はピーリングをしてお肌のゴワつきを解消

新陳代謝が下がってくると、お肌のターンオーバーも衰えてきます。
ターンオーバーが乱れると古い角質が落ちにくくなり、それがお肌のゴワつきの原因となります。
そのため、普段の洗顔では落としきれない古い角質が残ったお肌には、ピーリングをし、ツルっとした滑らかさを蘇らせましょう。
また、古い角質が残ったお肌に、いくら良い化粧水や美容液をつけても浸透しにくいのです。
化粧水や美容液の効果をしっかり感じるためにも、ピーリングが大事です。
ピーリングは週に一回程度で十分。
やりすぎるとうるおいや皮脂を取りすぎて逆効果となってしまう場合もありますので、注意しましょう。

 

ポイント2 シンプルケアがおすすめ

化粧水、美容液、乳液、クリーム、オイルなど、保湿ケアは種類が様々で、どれも魅力的な効果がありそうだから、と色々な保湿効果のあるスキンケアをされていませんか?
それらを使用していてお肌の悩みが解消されているなら問題ありませんが、悩みが解消されなかったり、今まで使用しているスキンケアを変えていないのに肌荒れがおきたりした時は、ケアをシンプルにしてみると良いです。
お肌のケアは実は簡単。しっかりうるおわせ、うるおいが逃げないようにするだけです。
化粧水をたっぷりつけたら、美容オイルを1~2滴ほどつけるか、クリームだけでも十分です。
オールインワンゲルは、化粧水・美容液・クリーム・オイルの機能がまとまっており、シンプルかつ簡単、時短になりますね。
オールインワンゲルを使用する際は、やさしくマッサージしながらお肌になじませるのがポイントです。

 

サプリメントのポイント

外側からだけでなく、内側からもケアすることが大事です。
30代を過ぎた女性は、お肌だけでなく、心やカラダもアンバランスになりがちなので、バランスを整えてくれるようなサプリメントが嬉しいですよね。
様々なサプリメントがありますが、どれを選んだら良いか悩んだらこれ、というおすすめのサプリメントを紹介します。

 

おすすめ1 「プラセンタ」

プラセンタとは「胎盤」です。
お腹にいる赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤には、アミノ酸やたんぱく質、ミネラル、酵素など、赤ちゃんを育てるための栄養素がたくさん含まれています。
プラセンタはイキイキとした美肌に導くだけでなく、ホルモンバランスや自律神経を整えることも期待できる女性に嬉しい成分です。

 

おすすめ2 「ピクノジェノール」

ピクノジェノールは松の樹皮から抽出される成分です。
コラーゲン生成の働きに欠かせないビタミンCの働きを助けるとも言われています。
紫外線を浴びるとお肌もカラダも酸化し、カラダの酸化は老化につながりますが、ピクノジェノールは抗酸化作用があるので、年齢を感じさせないカラダを保つ手伝いをしてくれます。
また、生理不順など女性特有の悩みにも効果が期待できる成分です。

 

年齢にあわせた「内外美容」で、お肌もカラダも心もイキイキときれいに、ハッピーな生活を送りたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です