【美容コラム|Vol.62】辛い生理のイライラを和らげる生活習慣
  • share
  • tweet
  • LINE

1

生理中は腹痛や頭痛を感じるというだけでなく、気持ちがイライラしてしまうという人が少なくありません。
この記事では、生理中の辛い精神状態を緩和するための方法についてご紹介します。

 

軽い運動で体を動かす

生理中に気持ちがイライラしたり、情緒が不安定になる理由には、ホルモンバランスの乱れが深く関わっています。
そこでおすすめなのが、体を動かすことです。
軽い運動をして汗をかいた後は、さっぱりとした気分になるという人は多いのではないでしょうか?
人間の精神は本能と理性のバランスの均衡を保つことで健康的な状態を保っています。
本能的な欲求を抑え込みすぎると、過剰なストレスを感じますよね。
運動は本能と直接的に結びついている行動であるため、運動をすると本能が解放されて、気持ちがリフレッシュするのです。
ただ、生理中はハードな運動を行うことが難しいという人は多いことでしょう。
そこで、生理中は気持ちをリラックスさせてくれるヨガや、ラジオ体操などの簡単にできるエクササイズがおすすめです。

 

イライラをやわらげてくれる爽やかな香りを楽しむ2

香りは、人間の精神状態に強く働きかける力を持っています。
そこで、イライラした気分を鎮めるためには、レモンやオレンジなどの柑橘系のフレッシュな香りを楽しむのがおすすめです。
柑橘系以外だと、濃厚かつ色っぽい香りが好きという人にはイランイランの香り、甘くウッディーな香りが好きという人にはサンダルウッドの香りも良いでしょう。
アロマオイルをハンカチなどに1~2滴たらしておけば、気分のいらだちを感じたときやリフレッシュしたいときにいつでも楽しむことができ、イライラした心を鎮めやすくなりますよ。

 

規則正しい生活を意識する

不規則な生活を送っていると、よりイライラを感じやすくなると考えられています。
というのも、不規則な生活を送ることでストレスが溜まり、それにより自律神経の働きが乱れてしまいます。
自律神経が乱れた結果、不眠症を招いたり動悸や不安感などを感じやすくなってしまうのです。
イライラせず健康的な精神状態を維持するためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

 

平日や休日に関わらず規則正しい睡眠をとったり、毎日同じ時間に食事をとるなどの行動が生理中でも健康的な精神状態を作ることにつながります。
生理中のイライラが少しでも落ち着けば、辛さも緩和されることでしょう。
辛い時だからこそ、体に負担とならない範囲でリフレッシュを図ってみてはいかがでしょうか。