【美容コラム|Vol.103】エイジングケアについての悩みで多いのはどのようなこと?
  • share
  • tweet
  • LINE

40代は顔のシミやシワ、たるみが気になったりと、美容についての悩みが増えていく世代です。
ホルモンバランスが乱れやすく、紫外線の影響を受けやすくなるので様々なことに注意していく必要もありますが、これから空気が乾燥する季節がやってきますので、40代が抱える悩みを解消できるエイジングケアについて考えていきましょう。

 

最も多いのはシミについての悩み

40~50代女性が抱えるお肌の悩みで多いのが、お肌の乾燥やたるみについての悩み。
さらに最も多くの人が悩んでいるのがお肌に出来る「シミ」についてです。
紫外線などでお肌が受けるダメージは若い頃から少しずつ蓄積されており、40~50代を迎える頃にシミになって現れます。
紫外線に注意しているつもりでも、知らない間にお肌がダメージを受けている可能性は十分ありますので、日中のダメージを少しでも和らげるためにも夜は化粧水や乳液でしっかり保湿していくことが大切です。

 

今のスキンケアは本当に正しい?

30代になれば段々とエイジングケアを意識し始めていきますが、実際に40代に突入した時、本当に自分のスキンケアは正しいのか一度立ち止まって考えてみましょう。
若い頃と比べるとお肌の質やダメージの影響の受けやすさなども異なっているので、これまでと同じスキンケアでは悩みは解消されません。
また、スキンケアというと化粧水や美容液にばかり注目しがちですが、大切なのは洗顔です。

 

なぜエイジングケアには洗顔が重要?

お肌が乾燥したりハリやキメが失われたり、たるむといった状態はターンオーバーが乱れている証拠です。
肌の古くなった角質をやさしく取り除き、ターンオーバーを正常に戻していけるようにしましょう。
洗顔でお肌をリセットしたら、後は化粧水や乳液、美容液などでしっかりと保湿していくことが必要です。
いくらスキンケアを行ったとしても、年齢を重ねることによるお肌の老化を止めることはできません。
しかし適切なエイジングケアを行うことで、進んでいくお肌の老化の進行を緩やかにしていくことが期待できます。

 

40代が意識したいのはコラーゲン?

40代は肌の真皮の衰えが進んでいき、コラーゲンも急激に減少してしまいます。
そのためできるだけコラーゲン生成をサポートしてくれる化粧品などを選び、しっかりとうるおいをキープしていきましょう。
ただし一般的なコラーゲン化粧品だと、コラーゲンを生成する真皮層や角質層まで浸透しません。それなら意味はないのでは?と思うかもしれませんが、肌表面の保湿効果や乾燥からお肌を守ることや肌表面に潤いをもたらすことには有効です。
コラーゲンと同時にセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸系保湿成分などが含まれている化粧品だとさらにお肌を守ることができることが期待できるので、自分の使っている洗顔や化粧水、美容液などに含まれているかチェックしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です