【美容コラム|Vol.102】顔や手足のむくみは更年期にあらわれる代表的な症状?
  • share
  • tweet
  • LINE

更年期と呼ばれる40代半ばや50代半ばの年代は、これまで感じなかった体調の変化や不調で悩む人が多くなります。
更年期症状は、女性ホルモン、自律神経、血流のバランスが乱れたり、卵巣の機能が衰えることで起こります。
約6割の女性に発症し、顔にほてりやのぼせを感じたり、動悸やめまい、耳鳴りなどがあらわれたり汗が大量に出るなど、さまざまな症状があらわれます。
そして更年期にあらわれる顔のむくみも、更年期症状など女性特有のカラダの変化が大きく関係していると考えられています。

 

更年期のむくみに関係するさまざまな要因とは?

 

更年期を迎えたことで手足がむくむようになったと感じる人も少なくないでしょう。
その要因としていくつか考えられますが、特に次の様な事が関係していると考えられます。

 

・腎臓機能の低下

更年期は代謝低下で内臓の働きも鈍くなっていきます。内臓の中でも腎臓は、血液をろ過して老廃物や塩分などを尿として排泄させるフィルターのような役割をしています。
血圧の調整や体液量、イオンバランスの調節もしていますので、腎臓機能が低下すると体にむくみが出てしまいます。

 

・甲状腺機能の低下によるむくみ

更年期は甲状腺機能も低下しやすいと言われています。
甲状腺の働きが低下すると十分な甲状腺ホルモンが作られなくなり不足します。
甲状腺ホルモンが不足すると、眠気が起きたり記憶力が低下したり、そして顔や手足もむくみやすくなります。

 

 ・自律神経バランスの乱れによるむくみ

女性が更年期を迎えると、閉経に伴って女性ホルモンやエストロゲンの分泌量が急激に減少します。
それによってホルモンバランスが崩れ、自律神経の働きも乱れてしまう訳ですが、結果として代謝機能の働きが悪くなって老廃物や水分を溜めこんでしまい、むくみが起きます。

 

更年期のむくみを解消するには?

更年期を迎えて顔や手足がむくみ、それが長引くとだんだん皮膚は硬化してしまい、かゆみや乾燥などの症状があらわれることに。
早めに解消するためにも、むくみが気になる部分をマッサージして血流を促すようにしましょう。
また、更年期特有のむくみは代謝を高めるサプリメントなどを取り入れることもおすすめです。

 

どのような成分を含むサプリメントが良い?

例えばプラセンタなどは成長因子によって細胞の生まれ変わりを促し、代謝向上や血行促進などカラダの機能を活発化させます。
自律神経を調整する作用によって、基礎代謝も向上するでしょう。
それによって老廃物がスムーズに排出するようになれば、むくみも解消されていくと考えられます。
プラセンタは胎盤を意味するので、母親のお腹の胎児が育つために必要な栄養素がたくさん詰まっている栄養の宝庫と言われています。
肌のハリやツヤがアップする効果も期待できるので、女性にはとても魅力的なものです。

 

長引くむくみには注意を!

夕方から夜にむくみが出たとしても、朝起きた時に元に戻っているならそれほど心配はありませんが、長期間むくんだ状態が続いている場合や、発熱や動悸を伴う、あまり尿が出ないという場合は注意しましょう。

更年期に長引くむくみには、心臓や腎臓、甲状腺の病気が隠れている可能性もありますので、気になる時には医療機関を受診するなど早めの対応を心掛けることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です