【美容コラム|Vol.60】美容効果も!? 酸っぱいものをとって夏バテ対策を
  • share
  • tweet
  • LINE

160905-1

暑い日が続くと食欲がなくなったり、なんだか調子がすぐれない、なんてことも珍しくありません。
そんな疲れが出やすいこの時期は、酸味のあるものを摂って夏バテ対策をしましょう!
特に柑橘類などに多く含まれる「クエン酸」は疲労回復に効果的だといわれています。
さらに、美容効果も期待できるとか。
さっそくその効果について見ていきましょう。

 

クエン酸の効果とは

「疲れた時に酸っぱいものが欲しくなる」という人もいますが、それはクエン酸が疲労回復に大きく役立つからなのです。
クエン酸はその名の通り酸性ですが、体内に入ると体をアルカリ性に戻すという性質があります。
人は疲れがたまってくると酸性に傾きがちですが、それをアルカリ性に戻すためにはクエン酸が有効といわれているのです。
さらに乳酸の分解を早め、体調を整えてくれる効果が期待できます。

 

美容効果も期待できる!

クエン酸は疲労回復だけでなく、美容にも効果的といわれています。
なぜなら、血行を促進し代謝をアップさせるため、体の調子が良くなるとともに肌の調子も整えてくれるから。そして、デトックス効果も期待できるため、肌トラブルを感じにくくなったりくすみ改善にも役立つでしょう。
また、唾液の分泌量が増えることも美容につながります。
老化の原因でもある活性酸素を発生させにくくするため、エイジングケアのひとつとして活躍してくれるのです。
さらには脂肪や糖質の分解にも役立つため、ダイエットをサポートする栄養素としても注目されています。

 

こまめに摂取することが大切

クエン酸など酸味のあるものは一気に摂取しても、数時間で効果がなくなってしまいます。
そのためこまめに摂取することが、大きな効果につながります。
粉末のクエン酸なら1回3~5gほどを朝昼晩の食事とともに摂るのがおすすめ。
グレープフルーツやオレンジなどの食材から摂取しても良いでしょう。

 

お酢や梅干しでもOK160905-2

グレープフルーツやオレンジの代用として、お酢や梅干しなどを食べてもOKです。
酢の物にして食べたり、梅干しをゆでた野菜と和えたりすることで食べやすくなります。
なかでも、りんご酢は手軽に飲むことができるので、取り組みやすいでしょう。
また、お酢や梅干しも1度にたくさん摂らず、1日何回かに分けてとるようにしましょう。
血行促進や新陳代謝のアップなどの効果が期待できますよ。

 

このようにクエン酸と併用しながら、お酢や梅干しなどを積極的にとることで、健康にも美容にも効果が期待できます。
夏バテ対策のために、これらの食材に目を向けてみてはいかがでしょうか。