【美容コラム|Vol.59】見た目年齢が若返る「顔のエクササイズ」でたるみ改善を!
  • share
  • tweet
  • LINE

160822-1

加齢とともに顔がたるんだりハリがなくなったりと、年齢を感じやすくなってしまいます。
それが大きな悩みとなっている人も多いのではないでしょうか。
顔のたるみは見た目年齢をアップさせてしまう原因にもなってしまうため、一刻も早い対策がポイントです。
そこで今回は顔のたるみに効果的な顔のエクササイズを紹介します!

 

たるみは表情筋の衰えが原因

顔がたるむ原因はいくつかありますが、表情筋の衰えが大きな原因です。
加齢とともに筋力が低下するのと同じように、顔の表情筋も衰えがちです。
表情筋は意識しないと鍛えることが難しいので、たるみ改善には顔エクササイズが有効です。
意識的に動かして、リフトアップを目指しましょう!

 

頬をリフトアップ!160822-2

まずは衰えがちな頬周辺の表情筋を鍛えましょう。

●「アイウエオ」体操
大きな口を開けて「アイウエオ」とゆっくりと口を動かすエクササイズです。
頬の筋肉がしっかり動いていることと、首の筋が張っていることを意識しながら行いましょう。

●頬を動かすエクササイズ
頬の位置をアップさせるエクササイズです。

■エクササイズ方法

  1. 口を「ほ」の形にして目をパッチリ開きます。
  2. そのまま目の下の頬の筋肉を上下に動かしましょう。
  3. 10秒ほどで顔の筋肉を緩めてリラックスします。

 

口周りの筋肉も大切!

口周りの筋肉が衰えると、老け顔の原因になってしまいます。
口周りの筋肉もしっかり鍛えましょう。

●舌ぐるぐるエクササイズ
口を軽く閉じ、頬の内側を舌でなぞるようにしながらぐるぐる回すエクササイズです。
ほうれい線を伸ばし、口周りの筋肉をきゅっと引き締めます。
右回りと左回りを各30周ずつ行いましょう。

●ぴよぴよエクササイズ
口周辺と頬の下の筋肉を鍛えます。
口をすぼめてひよこのような口を作り、頬のお肉を吸い込むようにした状態で、ぴよぴよと口を動かします。
10秒ほどで筋肉を緩めてリラックスしましょう。

 

噛み合わせを緩めるのも効果的

普段口の中は上の歯と下の歯が離れているのが普通です。
ギュッと噛みしめているような場合、顔の筋肉がこわばり結果たるみにつながることも。
カチカチと噛み合わせてあごを緩めてあげることも、たるみ改善に役立ちます。

■エクササイズ方法

  1. 軽く目を閉じて黒目を右に寄せた状態でカチカチと10回ほど噛み合わせます。
  2. 同様に左・上・下と黒目を移動させて10回カチカチ噛みましょう。

たったこれだけでOKです。

 

このようなエクササイズを習慣とすることで、たるみ改善だけでなく顔の歪みの改善にもつながります。
見た目年齢が気になる方、ぜひ試してみてくださいね!