【美容コラム|Vol.87】ホルモンバランスのゆらぎで大人ニキビができる!? 原因&ケア方法
  • share
  • tweet
  • LINE

30代以降の大人ニキビは跡になりやすく、厄介なもの。
大人ニキビを早くケアしたいものの一度できると治りにくく、どうすれば良いのか頭を悩ませている方も多いでしょう。
そんな時はやみくもにスキンケアをするよりも、ホルモンバランスのゆらぎに着目したケアがおすすめです。
30代女性はホルモンバランスがゆらぎやすい時期であることを知り、その対策を立てることでニキビケアもスムーズに運びますよ。

 

30代はホルモンバランスがゆらぎやすい時期

月経周期によって女性ホルモンバランスはゆらぎます。
しかし、30代はそれ以外にも仕事で責任あるポジションについたり、出産や育児などが重なってホルモンバランスがゆらぎやすい年代です。
そのため30代は大人ニキビに悩まされやすい時期だといえるのです。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。
この2つのうち皮脂分泌を促す「プロゲステロン」の分泌が活発になることで、大人ニキビができやすくなります。
さらにストレスや睡眠不足が重なることで、肌のターンオーバーが正常に行われなくなったり、肌の乾燥が進むことも大人ニキビの要因として考えることができます。

 

生理前の大人ニキビにはホルモンバランスのゆらぎに注目したケアをしよう!

生理前は肌のうるおいを保つ「エストロゲン」の分泌が減少し、「プロゲステロン」の分泌が増え始める時期です。
それによりニキビなどの肌トラブルが起きやすい状態になってしまいます。
この時期はアクティブなスキンケアではなく、やさしいケアで肌を労わることが大切です。
いつもの化粧水がしみる場合は敏感肌用のスキンケアアイテムに切り替えるようにしましょう。
さらに、天然由来の成分を使った洗顔料で、詰まりがちな毛穴の老廃物を排出するようにやさしく洗顔してください。
一方、オイルクレンジングやピーリング、産毛処理など肌への負担がかかるケアはこの時期は避けましょう。

 

ホルモンバランスのゆらぎを食生活でケアして大人ニキビを撃退!

女性ホルモンバランスのゆらぎによる大人ニキビには、食生活を見直すことも大切です。
ビタミンや亜鉛などの栄養素に注目した食べ物をとり入れるようにしましょう。

  • 免疫アップにビタミンA……鳥や豚のレバー、トマト、ほうれん草など
  • ニキビの炎症をおさえるビタミンC……パプリカ、アセロラジュース、キャベツなど
  • 血行促進にビタミンE……いくら、すじこ、アーモンド、じゃがいも、さつまいもなど
  • 肌のターンオーバーを支える亜鉛……鶏胸肉、玄米、豆腐、納豆など

ビタミンには水溶性と脂溶性のふたつがあり、ビタミンCは水溶性のためスープなどでとるのがおすすめです。
一方、ビタミンAとビタミンEは脂溶性のため油で炒めたりマヨネーズやオイル入りのドレッシングをかけたりして油脂と一緒にとると良いでしょう。
仕事上、外食が増えてしまいがちな方は週末に自炊をしてこれらの栄養素をとり入れるようにしたり、サプリメントで補ったりしてください。

大人ニキビには、ホルモンバランスのゆらぎに着目したケアでニキビ予防&ケアに努めてみてはいかがでしょうか。
肌に自信が持てるようになれば、ホルモンバランスのゆらぎに惑わされずに済みますよ。
ストレスにならないように、できるものから生活にとり入れてください。