【美容コラム|Vol.86】30代はゆらぎ肌に注意! スキンケアのポイント4つ
  • share
  • tweet
  • LINE

30代になると季節や体調のちょっとした変化で肌がゆらいでしまいます。
乾燥したり脂っぽくなったりするなどお悩みの方も多いでしょう。
このようなゆらぎ肌には、早めのケアが肝心です。

今回は、30代以降の方におさえておいていただきたいスキンケアのポイントをご紹介します。

 

30代のゆらぎ肌には正しい知識とケアが必要

空気の乾燥や女性ホルモンバランスの変化が起こっても、正しい知識を持って日々スキンケアをおこなっていればゆらぎ肌になることは少ないです。
しかし、身につけたはずの美容知識が間違っていたり思い込みによるケアをおこなっていると、肌の乾燥が悪化したり敏感肌に傾いたりしやすくなります。

「脂性肌だから乳液やクリームを使わない」
「乾燥肌だから化粧水がヒリヒリとしみるのは普通のこと」

こんな風にケアや思い込みをしていたら、それは間違いです。
すぐにでもケア方法を見直しましょう。
蓄積ダメージが少ないうちにケアすることが、ゆらぎ肌では重要になってきます。

 

30代のゆらぎ肌ケアでおさえておきたいポイント

1.脂性肌でも乳液やクリームは使う

肌は乾燥すると、肌の内側の水分をこれ以上蒸発させないように皮脂を多く分泌します。
この状態だけを見て脂性肌だと感じてしまう方は少なくありません。
その結果、化粧水だけを使い乳液やクリームを使わないでいると水分を閉じ込めることができず、より肌の乾燥が進んでしまうことも珍しくないのです。
20代と比べると皮脂分泌のピークは減ってきているため、30代ではスキンケアで油分を忘れずに補うことが大切になります。

 

2.肌に合うスキンケア用品を使う

いつも使っているスキンケア用品がヒリヒリする場合は、配合されている成分が肌に合っていない恐れがあります。
30代になったら美容成分にこだわったエイジング化粧品を選ぶのもひとつの方法です。
たとえば、肌の乾燥がヒドイ時は保湿の高いセラミドやヒアルロン酸配合のものを選ぶ、肌が敏感になっているときは添加物の配合が少ないものやゆらぎ肌用のアイテムを選ぶと良いでしょう。

 

3.美容液をとり入れる

化粧水や乳液、クリームでスキンケアを終わらせている方もいますが、それだけではゆらぎ肌へのケアが不十分な場合もあります。
今までのスキンケアでゆらぎ肌を防げない場合は、美容液をスキンケアアイテムに加えて肌に栄養を与えるようにしましょう。
水分や美容成分が詰まった化粧水と美容液をたっぷりと使うことで、ゆらぎがちな肌に十分なうるおいを与えることができ、バリア機能も正常に働きやすくなりますよ。

 

4.肌を触り過ぎない

鏡を見るたびに、「ここにシワが」「こんなところにシミができている」なんて、肌を触ってはいませんか?
ばい菌のついた手で肌に触れるとニキビになりやすいですし、洗顔時に手で肌をこすったりしてしまうとシワやシミの原因になってしまいます。
肌に触れるのは、できるだけお風呂上りなど清潔なときだけにしましょう。
また、洗顔時は肌をこすらないように泡を転がして顔を洗うようにしてください。

 

30代のゆらぎ肌には、正しい知識による早めのケアが肝心です。ゆらぎ肌が気になった場合はケアを見直すタイミングといえます。
年齢を重ねても自信を持てる肌を今から育てていってくださいね。