感謝の気持ち
  • share
  • tweet
  • LINE

 

ウエルネスラボの能代です。
先日師範がヨーロッパ大会に招待された時の話をしてくださいました。
大会で優勝した選手は、日本に来た時にしばらく道場で師範に指導をうけ稽古をしていた選手だそうです。
その選手は、大会が終わり表彰が終わった後に師範のところに来て自分が優勝できたのは、あなたに教えていただいたおかげです。
あなたに感謝していますと言っていたそうです。
優勝する選手は、常に謙虚で感謝の気持ちを持っています。
決して優勝したからと言って驕ることはありません。
実力がほとんどかわらないギリギリの戦いで勝つのはやはり謙虚な気持ちや感謝の気持ちを持っているかいないかの差ではないでしょうか。

そしてもう一つ師範が話していたことは、何か大きな事柄を達成した時は、お世話になった人へ感謝する機会や気持ちを伝えることができます。
しかし普段仕事をしているとお世話になっているのになかなか言葉にしたり気持ちを伝えることができないのではないでしょうか?
今自分があるのもたくさんの人の力や助けがあっての事です。
決して自分一人の力ではありません。
昔大変お世話になっていたのに最近疎遠になっている大切な人がいませんか?
私自身この話を聞いて色々考えさせられました。
是非、感謝の気持ちを伝えてみましょう。