【美容コラム|Vol.43】男性にもある?更年期障害とその症状
  • share
  • tweet
  • LINE

pixta_22628121_m

更年期障害とは、閉経による女性ホルモンの低下と、それに伴うさまざまな症状のことを指します。
主な症状に、体のだるさやイライラ、不安感、集中力の低下などが挙げられます。
しかし、そういった更年期障害で悩んでいるのは女性だけではありません。
男性にも女性と同じように更年期障害があること、ご存知でしたか?

 

更年期障害とは

個人差はありますが、日本人女性は40代半ばから徐々に卵巣機能が低下していき、それに伴い女性ホルモンであるエストロゲンの量も減っていきます。
このエストロゲンの減少はさまざまな症状を引き起こし、体のだるさ、のぼせ、動機、耳鳴りといった身体的なものから、イライラや食欲不振、不眠など、精神的なものまで幅広く見られます。

 

男性の更年期障害?

女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期障害ですが、同じように男性も、男性ホルモンの減少によって引き起こされるLOH症候群というものがあります。
テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌は20代をピークに徐々に低下していき、それに伴って筋力の低下やイライラ、性機能の低下など、更年期障害のような症状が引き起こされます。

 

LOH症候群には気が付きにくい?

更年期という言葉が閉経前後の女性を指す言葉であることからもわかるように、男性にはわかりやすく「更年期」という期間がありません。
これは男性ホルモンであるテストステロンの数値が人によってさまざまで、減少し始める年齢もまたさまざまであるのが理由です。
そのため、70代でも40代並のテストステロン値がある方もいれば、30代でも80代並しかテストステロン値がない方もいます。
この個人差の幅により、あまり男性の更年期障害、LOH症候群というものが広く認知されていないのではないでしょうか。

 

更年期障害の対策

質の良い睡眠や運動などでストレスを解消することで、更年期障害の症状を緩和することができます。
また太陽光を浴びてビタミンDを形成する、亜鉛を含んだ食べ物を摂取するなど、テストステロンの増加につながる栄養素を取り入れることによって改善される場合もあります。

 

実は40歳以上の男性にかなり多いと言われているLOH症候群、あなたは大丈夫でしたか?
年齢と共にホルモンが低下してしまうのは仕方がないことですが、日々の生活を少しずつ見直し、健康な心身を目指しましょう。