【美容コラム|Vol.42】花粉で肌荒れ? 花粉症が招く肌トラブルの理由と4つの対処法
  • share
  • tweet
  • LINE

pixta_13902991_m

花粉症は鼻水やくしゃみ、涙などの症状だけでなく、肌荒れも引き起こします。
花粉の季節になるとなぜか肌の調子が悪くなるという人は、花粉を疑ってみましょう。
毎年繰り返す花粉による肌トラブルで悩まないためにも、花粉への対処法を知っておくことで症状を緩和することができます。
今回は、花粉症による肌トラブルの理由と対処法を紹介します。

 

花粉症がなぜ肌トラブルを引き起こすのか?

症状として知られている鼻水やくしゃみ、涙は、目や鼻の粘膜に花粉がついて体が花粉を外に排除しようとすることで起こるアレルギー現象です。
これと同じように、肌に花粉がつくとその部分にアレルギー反応が起こり、肌荒れが起こってしまうのです。
さらに、敏感になったお肌をこすったり掻いたりしてしまうと、肌のバリア機能は低下し、より症状が悪化してしまいます。
花粉による肌荒れを防ぐためには、お肌に花粉がつかないようにするということが大切です。

 

花粉による肌荒れを起こさないために

●帰宅したらすぐに洗顔をする
花粉が飛んでいる季節に外を歩いていると、顔にもたくさんの花粉がつきます。
帰宅してもそのまま過ごしていると、顔に花粉が付着した状態が続き、肌荒れを引き起こしてしまいます。
家に帰ったらすぐに洗顔をして、お肌についている花粉を洗い流すようにしましょう。

●帰宅したらすぐにシャワー、無理な場合は髪を上げておく
帰宅してすぐの洗顔と合わせてシャワーをすると、髪の毛に付着している花粉を洗い流すことができます。
すぐにシャワーを浴びることが出来ない場合は、花粉がついた髪の毛が肌に触れないように前髪も後ろ髪もすべて上げておきましょう。

●リキッドファンデーションではなくパウダーファンデーションを使う
油分の多いリキッドファンデーションを使うと、肌がべたつき花粉がより付着してしまいます。
ファンデーションを使うときは、油分の少ないパウダーファンデーションを使うことで、花粉の付着を抑えることができますよ。

●特別なスキンケアよりも基本的なスキンケアを心がける
花粉による肌トラブルを軽減するためには、特別なスキンケアではなく、いつも通りの慣れたスキンケアを心がけましょう。
使い慣れていない美容液などを使用すると肌が異物とみなし、何らかの症状が出る可能性がありますよ。
普段から行っている基本的なスキンケアを続けることで、肌のバリア機能を維持することができ、花粉の季節を乗り越えることができますよ。

 

pixta_16321157_m

花粉による肌トラブルには保湿ケアが何よりも大切です。
また、鼻をかみ過ぎることでも肌は荒れてしまいます花粉症の症状を抑えつつ、肌に化粧水をたくさん与えて潤いを守るようにしましょう。