【美容コラム|Vol.41】入浴後5分以内がベスト! お風呂上りの保湿ケア3つのポイント
  • share
  • tweet
  • LINE

pixta_18935612_m

お風呂上りの肌は乾燥しやすく、非常にデリケートな状態です。
入浴後の肌は濡れているため安心しがちですが、肌のバリア機能を保持するために必要な皮脂が洗い流されてしまっているために、とても乾燥しやすい状態になってしまっています。
皮脂が流れてしまうと、肌内部の水分が蒸発してしまうため乾燥が進みます。
1日のうちの保湿ケアでも、特に入浴後の保湿ケアに気を付けたいものです。
ここでは、お風呂上りの保湿ケアで気を付けたいポイントを紹介します。

 

出来るだけ早く水気を拭き取り、5分以内に保湿する

入浴後肌が濡れていると、肌の内部から保湿因子を放出されてしまいます。
お風呂から上がったら出来るだけ早く水気を拭き取り、5分以内には保湿ケアを行いましょう。
体を拭くときにも吸収性の高いふかふかなタオルを使い、肌を擦らずに押さえるように水気を拭き取りましょう。

 

お風呂場に保湿クリームを置いて温めておく

保湿クリームは冷たいまま塗るよりも、温めておいた方がよく伸びてお肌に浸透します。
入浴中、お風呂場に保湿クリームを置いておくことで、クリームを温める必要がなく、お風呂上りすぐに保湿ケアすることができます。
塗る際は、少しずつ保湿クリームを塗っていくのではなく、保湿クリームを多めに手に取り、ケアしたい場所にのせてから全体に伸ばしていくと効率よく保湿ケアすることができますよ。
保湿クリームを保管するときはお風呂場ではなく、乾燥したところで保管しましょう。

 

スキンケアする時間がなければとりあえずオールインワンを塗っておく

子育て中の女性は、自分のスキンケアに時間を取れないという人も多いでしょう。
子供を優先させてスキンケアを後回しにしてしまうと、お肌が乾燥してシミやシワなどお肌の加齢を促進させることになります。
入浴後5分以内にスキンケアを始めることが理想ですが、それができない場合はお風呂から上がってすぐにオールインワンを顔に塗っておきましょう。
オールインワンは化粧水や美容液、乳液など全ての工程をひとつで終わらせることができる便利なアイテムなので、お風呂上りのお肌をしっかり保護することができます。
しっかりスキンケアをしたい人は、子供の準備が終わった後に時間をかけてスキンケアすることをおすすめします。

 

pixta_18696313_m

女性はいつまでも美しい肌でいたいものです。
毎日の入浴後、5分以内の保湿ケアに気を付けていつまでも美しい素肌を保ちましょう!