【美容コラム|Vol.37】冬には冬の紫外線対策で、シミ・シワを増やさない
  • share
  • tweet
  • LINE

shutterstock_269613692

冬のお肌のお手入れといえば乾燥対策と保湿ケアですね。
でも、紫外線のケアも同じぐらい重要だということをご存じでしょうか?
夏ほどの日差しの強さはなくなるものの、冬でも紫外線は確実に降り注いでいます。
シミやシワなど、肌の老化を防ぐためには季節に合った紫外線対策が必要なのです。
今回は、冬にオススメの紫外線対策についてお話します。

 

冬でも油断できない紫外線

●冬のレジャーは要注意
屋外でのスポーツ観戦やスキー場など雪の照り返しのある状況では、より多くの紫外線の影響を受けることがあります。晴れの日などは夏と同じ程度の紫外線対策が必要になるのです。ただし、夏とは違って肌が乾燥しやすいので、事前にしっかりと保湿ケアをしたうえで日焼け止めを使用することが大切です。

●短時間でも気をつけて
洗濯物を干したり、近所へのちょっとした買い物など、つい素肌のままで外に出てしまいがちですね。しかし、乾燥した肌は紫外線の影響を非常に受けやすくなっています。
たとえ曇りの日であっても、UVカット効果のある下地を塗ってから外へ出る習慣をつけましょう。
また、屋内にいてもガラス越しに降り注ぐ日差しや壁などに反射した光に紫外線が含まれていることもあるので気をつけてくださいね。

 

冬にオススメの日焼け止めshutterstock_210153436

●SPFはほどほどで
夏に比べると紫外線の量は少なくなっているので、冬に合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう。
SPF数値の高い日焼け止めは、その分肌への負担も大きくなります。
さらに、夏に活躍した汗に強く落ちにくいタイプは添加物の配合が多く、より肌が乾燥してしまうこともあります。
冬に使うなら肌に優しく、SPF20程度のカバー力の低いもので十分です。

●石鹸でも落とせる
せっかく日焼け止めで紫外線を防いでも、クレンジングを使うことで必要なうるおいまで洗い流してしまうこともあります。
子供にも使えるタイプの日焼け止めの多くはSPFが低めで、石鹸だけでも洗い落とすことができるので、冬の紫外線対策にはおすすめです。
今は無添加の日焼け止めも手軽に手に入れることができるので、お店で探してみてはいかがでしょうか。

 

冬こそシミ・シワ対策を

夏に浴びた紫外線の影響で蓄積されたメラニンがシミとして現れ始めるのは、秋から冬にかけてです。
夏に溜めたメラニンを冬のうちに排出しておかなければ、次の夏にはさらにメラニンを溜め込んでしまうことになってしまいます。
紫外線の影響の少ないこの時期も油断することなく、抜かりないお手入れをすることで将来のシミを防ぐことができるのです。
メラニンを排出するために大切なのは、なんといっても保湿ケアです。
肌のうるおいが保たれればターンオーバーが正常になり、古い角質が剥がれやすくなってシワやくすみのないハリのあるお肌が手に入ります。
保湿効果の高いシミ・シワ対策用化粧品を選んだり、シミ・シワ対策用のスキンケアの後に保湿ケアを追加したりと、入念な保湿を心がけましょう。
日焼け止めを塗る、日傘をさすなどの紫外線対策をしている夏よりも、日差しの強さの気にならない冬の方がうっかり紫外線を長時間浴びてしまい、より深刻なダメージを受けてしまうことがあります。

 

気を緩めず、細心の注意を払って紫外線対策に励みましょうね。