【美容コラム|Vol.80】30代メイクは「ナチュラルさ」を意識しよう【ベースメイク編】
  • share
  • tweet
  • LINE

20代の頃とファッションが違うように、30代になったらメイク方法も変える必要がでてきます。特に意識すべきがベースメイク。
シミやくすみを隠そうと厚塗りする方もいますがこれは大きな間違い。
そこで今回は、30代のベースメイクのコツをご紹介します。

 

30代メイクのコツは「ナチュラルさ」

30代になったら、肌トラブルをカバーしつつも軽さがあるナチュラルメイクを心がけましょう。
抜け感を意識することで、ライフスタイルに余裕がある女性に見せることができます。

シミやすくみ、毛穴開きなどの肌トラブルをベースメイクで隠したくなりますが、それが土台からのメイク崩れを生み、老けて見られる原因になりがち。
ベースメイクで肌トラブル全てをカバーしようとするのではなく、薄づきのベースメイクを目指しましょう。

 

抜け感を生む30代のベースメイク方法

■化粧下地を忘れずに

スキンケアが終わった後、肌に直接ファンデーションをのせていませんか?
化粧下地を使わないと、肌とファンデーションが密着しにくくなり化粧崩れが起きやすくなってしまいます。
肌にツヤを与えてくれるタイプ、保湿成分が配合されているタイプ、洗顔石鹸で落とすことができるタイプなどさまざまなアイテムがあります。
自分の肌悩みに合ったものを選ぶようにしましょう。
化粧下地を顔全体に塗ったら、次はファンデーションです。

 

■ファンデーションでツヤ感を演出

ファンデーションを塗る時は、マットに見えないものを選びましょう。
それだけで肌にツヤ感が生まれ若々しい印象になります。
みずみずしい肌を作るうえでおすすめしたいのがリキッドファンデーション。
パウダーファンデーションを使いたい場合はCCクリームやBBクリームとセットで使うと肌との密着が良くなります。
ファンデーションは目の下、眉間、頬や小鼻部分においてから、外側へと伸ばしていきましょう。
顔全体に塗るのではなく両目と口元の逆三角形を中心として塗るようなイメージで。
メイク崩れが起きやすい小鼻周辺は薬指を使って、量を控えめにしながら優しく伸ばします。
さらに、首との境目を分かりにくくなるよう残ったファンデーションを首へと伸ばしましょう。

 

■コンシーラーの順番に注意

リキッドファンデーションの場合は、ファンデーション後に。
パウダーファンデーションの場合は、ファンデーション前にコンシーラーを使うようにしてください。ポイントは液状のものから使っていくことです。
目の下のクマや口元には伸びが良いクリームタイプのものを、頬のシミやニキビ跡にはペンタイプのものを選びましょう。
それぞれの場所にのせたら、コンシーラーを指やスポンジで馴染ませてください。

 

■メイクの美しさをキープするフェイスパウダー

30代メイクの完成に欠かせないのが、フェイスパウダー。
なかでもファンデーションのヨレを防いだり、ナチュラルな仕上げにしてくれるルースパウダーがおすすめです。
ルースパウダーの粒子が細かいほど、しっとりと肌馴染みが良くなりますよ。
ルースパウダーをブラシでとったら、一度手の甲で馴染ませます。
そして、中心から外側に向かって円を描くように動かしていきましょう。
最後に粉がついていないブラシで、顔に残っている余分な粉を払ったらベースメイクの完成です。

 

さらに、メイクの完成度を高めるうえで外せないのが肌の土台作り。
普段からスキンケアでしっかりとうるおいを与えることで、透明感が生まれやすくなります。
30代になったら、土台と共にメイクでナチュラルな肌作りに焦点を当ててみてはいかがでしょうか。