【美容コラム|Vol.34】冬は不安定な季節? ホルモンバランスを整える生活習慣
  • share
  • tweet
  • LINE

shutterstock_225578173

寒い時期に生理痛がひどくなったり、月経が遅れたりという経験をしたことのある女性も少なくないと思います。
寒い季節は基礎体温が変動しやすいことから、ホルモンバランスがとても乱れやすいのです。
そしてホルモンバランスの乱れを放置していると、心身にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。
そんな寒い時期特有の不安定を改善する方法をご紹介します!

 

冷えケアをしよう

ホルモンバランスが乱れる主な原因は、冷えにあります。そこで体の冷えを防ぐと、ホルモンバランスを整えることができるのです。
体をぽかぽかと温めてくれるショウガはぜひ食事に取り入れたいもの。
温かい靴下や腹巻きを使ったり、冷えやすいポイントをカイロで温めたりするのも良いですね。
また、昼間にウォーキングなどの適度な運動をすることも冷えの解消に効果的ですよ。

 

早寝早起き朝ごはん

夜更かしや偏食など、ついつい不摂生をしていませんか?
「早寝早起き朝ごはん」の習慣をつけると、ホルモンバランスは整いやすくなります。
野菜や魚類、大豆製品などを多めに摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。
また、夜は遅くとも0時までに眠るようにしてください。
もしも寝つけないという場合は、寝室で軽めのストレッチをしたり、音楽を聴いたりして心身をリラックスさせるのが良いですね。

 

日光浴も大切!shutterstock_203356156

寒い時期はついつい室内にこもってしまうもの。
でも1日1回、できれば朝の時間にしっかり太陽の光を浴びるようにしましょう。
朝日を浴びると体内時計が調整され、体のバランスが整いやすくなります。
また日の光を浴びると、ストレスを和らげてくれるセトロニンの分泌も活発になります。
朝はきちんと起きて日光浴をし、心身を整えるようにしてください。

 

湯船にしっかりとつかろう

寒い時期には、お風呂にしっかりとつかって体を温めましょう。
シャワーで済ますよりも湯船に使ったほうが、冷えが取れてホルモンバランスが整いやすくなります。
熱すぎないお湯に、20分ほどつかれば温まりますし、適度に発汗して血行も良くなります。
温浴効果やリラックス効果のある入浴剤やバスボムなどを使えばより効果的ですね。
疲れている日には湯船で目を閉じ、何も考えずにボーッとして脳を休ませるのもオススメです。

 

生活に「トキメキ」を!

寒い日にはついつい厚手の服をモッサリと着込んでしまいがち。
しかし、日常のちょっとしたトキメキやドキドキは、ホルモンバランスを活性化させてくれるもの。
厚手のタイツや温かい素材のワンピース、かわいいアクセサリーなどをうまく使ってオシャレを楽しみましょう。
オシャレして友人や恋人と出掛けたりするだけでも、女性ホルモンは活性化します。
ホルモンバランスの乱れを整える方法はいろいろあるので、できることから実践してみましょう。

 

ホルモンバランスを整えて、寒い季節でもイキイキと過ごしてください。