【美容コラム|Vol.29】秋は肌が老化しやすい!? 今すぐはじめたい秋のスキンケア
  • share
  • tweet
  • LINE

shutterstock_300554723

日差しの強い季節が終わり気持よく過ごせる季節を迎えると、スキンケアも抑えがちになってしまう方も多いでしょう。
しかし、この季節が肌にとっては油断大敵です。
今のうちにしっかりとスキンケアを行なって、本格的な冬に備えましょう。

 

なぜ「秋」が肌にとって油断大敵なのか

夏の間は、日差しの強さや気温の高さもあって、紫外線対策や体調管理などに気を配ります。
しかし、秋になって過ごしやすくなってくると、日差しが弱まることで、夏ほど紫外線対策を行わなくなる方は多いです。
秋は、夏の間に受けた紫外線ダメージによって通常よりも必要な栄養分が不足している時期でもあり、紫外線が弱まったとはいえ、身体にはダメージや疲労が残っています。
そのため、この時期になるとさまざまなお肌のトラブルが表面化してきます。

 

老けて見られる要因は?shutterstock_298140752

冬の間ほどではないにせよ、湿度が下がってくることで空気が乾燥してきます。
さらに日差しが夏ほどではないことから、紫外線対策にも手を抜いてしまいがちになります。
「乾燥」と「紫外線」は肌にとっては大ダメージを与える要因です。
過ごしやすくなったからといって油断していると、あっという間に「老け顔」一直線となるでしょう。
さらに、本格的な冬になれば空気の乾燥が進むうえに気温の低下によって血行が悪くなるので、肌へのダメージは増す一方です。
過ごしやすくなっている秋だからこそ乾燥と紫外線に注意を払い、冬に備える必要があるのです。

 

旬の素材で体調回復を

秋の旬の味には、夏に受けたダメージを回復させ、冬に備えられる食材が多くあります。
根野菜などにはビタミンB群が含まれているものも多く、身体を温める効果があります。
そこに、紫外線で受けたダメージを回復させるために、ビタミンCを多めに摂取すると肌の回復も早くなります。
紫外線対策として、UVカットクリームも忘れずにしておきたいところです。
また、乾燥対策としてヒアルロン酸など保湿成分を含んでいるものを摂取することも重要です。
トータルケアの美容成分としてオススメなのは、プラセンタが含まれているものです。
プラセンタは、美容成分の女王と言われるほど数多くの美容成分が含まれています。
三大栄養素に加えビタミンやミネラル、その他酵素などのさまざまな成分がスキンケアのサポートしてくれます。
秋という季節は、夏の間に受けたダメージを回復させるとともに次の季節に備えるための重要な季節です。

 

日差しが弱くなったからといって紫外線対策をしないのはもってのほかですし過ごしやすいからといって、乾燥対策を怠るのは危険です。
秋だからこそ秋に必要なスキンケアを行うと、良い冬が迎えられますよ。