【美容コラム|Vol.1】美肌とホルモンバランスの【密接した関係】とは!?
  • share
  • tweet
  • LINE

「きちんとスキンケアをしていても、なかなか肌の状態が良くならない」
「肌の状態が不安定…」
「大人ニキビに悩まされている」
このように肌にまつわる悩みは尽きません。
スキンケアなどにいくら気を配っても改善されない場合は、視点を変えて女性ホルモンの働きに目を向けることをオススメします。
女性ホルモンと肌は、切っても切れない関係があることをご紹介します。

 

そもそも女性ホルモンとは?

女性ホルモンと呼ばれているものは、エストロゲンとプロゲステロンの2つに分けられます。

●エストロゲン
別名「美肌ホルモン」とも言われ皮脂の分泌を抑え、潤いのある肌へと導いてくれます。
さらに、女性らしいボディー作りにも欠かせないホルモンです。

●プロゲステロン
妊娠をサポートするホルモンと言われており、体の中の水分を保つ、食欲を促す働きがあります。
月経前症候群(PMS)である腹痛や腰痛、頭痛やイライラは、プロゲステロンの分泌が多い時期におきると考えられています。

女性ホルモンバランスが正しく保たれた上で、エストロゲンのパワーを肌に与えることが出来れば、より美肌に近づくというわけです。

 

女性ホルモンは睡眠の質によって分泌が左右される!shutterstock_94998055

女性ホルモンは睡眠の質によって分泌が左右されます。
そのため睡眠の質が低下してしまいますと、エストロゲンが十分に分泌されなくなります。
その結果、肌の状態が悪くなってしまいます。
眠り初めて3時間、どれだけ深く眠るかによってホルモンの分泌が変わってきます。
最初の3時間は、出来るだけ起きないようにすることが大切になってきます。
もし携帯電話の着信音などで起きてしまう方は、携帯電話の電源を切ってしまうのも1つの方法です。

 

女性ホルモンを活性化させて美肌へと近づこう!

質の良い睡眠はもちろんのこと、体を冷やさないことも女性ホルモンの活性化には大切なポイントです。
特に下半身が冷えると、女性ホルモンにとって大切な子宮や卵巣に血液が届きにくくなります。
冬は手首、足首、うなじなどを冷やさないように手袋や靴下などで温めるようにしましょう。
また、女性ホルモンの源になるものは毎日の食事です。
バランスの良い食事を摂るようにするだけでなく、盛り付けなどを工夫することでストレスの軽減にもなり効果的です。
より効果的な肌ケアを目指す場合は、プラセンタを摂ることをオススメします。
プラセンタには美肌に欠かせない成分が豊富に詰め込まれています。
特に馬プラセンタは栄養価が非常に高いためオススメです。

肌の状態が改善されない場合は、アプローチ方法を変え美肌を目指してみてはいかがでしょうか。